同じ種類で同一の年式の場合でもちょうどその年

中古車の買取査定の要点として重要性の高いところに走行距離などがあげれられます。

走行距離イコール自動車の寿命と見られるケースもありますので走行距離というのは長いとそれだけ、買取査定にとっては欠点となります。

走行距離そのものは短ければ短いだけ査定額は高くなりますが、ほとんど詳しい判断基準はなく決められたベースラインで査定額が決まります。

これは実際中古車を自動車買取店で下取りする際も重視される買取査定の重要なポイントになります。

例えば、普通車の場合年間1万キロで線を引いて10000kmを超えて走っていると大抵査定がマイナスになるなどです。

軽自動車ですと年間で8000キロがまた年式が古い割に距離が相当小さい場合でも見積額が高値になるとも一概には言えません。

実際、実行してみるとたいへんよく分かりますが、車は適時乗ってあげることによってもコンディションを維持しますから、あきらかに距離を走っていない中古車の場合、故障のリスクが大きいと判断されることもあるでしょう。

こういったことは自動車を手放す際も当てはまります。

一般的には年式・走行距離に関しての売却額査定のポイントは年式にたいして適切な走行距離かどうかということです。

それからその自動車の年式も中古車買取査定の重要なポイントです。

十分把握しているというかたも多数だと思いますが、年式については新しければ新しいほど買取査定では高評価が出やすいのですが、ごく稀にそれに特別な価値がある車は新しくない年式でも高額で査定される場合もあります。

同じ種類で同一の年式の場合でもちょうどその年にマイナーチェンジやモデルチェンジなどが発表されているケースは、当然それぞれのモデルによって査定額は違ってきます。

同様の自動車の査定金額という場合でも程度により売却時の金額は変わってくるものです。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.uwl-artgallery.com All Rights Reserved.